返済の為に新たに違う会社のカードローンを使い始めてしまう人

売却不動産が災害で滅失した場合

人が不動産を売却をするにおいて不動産業者に仲介してもらって、買主と売買契約を締結をすることになります。そして売主と買主の売買契約をするまでも売買契約をした後から残金決済をするまでもある程度の時間を要することになります。そのためその期間に売却不動産に災害が起こってしまい、滅失してしまうということも起こりえます。
私も参考にしました。マンション売却査定相場救助隊.jpが良いですよ。

 

そこでもしも売却不動産が災害で滅失してしまった場合はどのようにするのかというとこれは危険負担の問題になります。危険負担とはお互いの責任がないのに不動産などの売買対象物が滅失してしまった場合、どちらが責任を負担するのかということです。
そして危険負担は民法の規定によれば不動産などの特定物の売買においては買主が負担をすることになっていますが、これではあまりにも買主の酷な結果となります。そのため不動産売買の契約においては民法の原則は適用しないで、基本的に売主が負担するという特約を入れるのが一般的です。